job

観光地でのバイト

リゾートバイトの特徴とトレンドです。

明確な定義はありませんが、リゾートバイトとは、主に観光地やその周辺施設でのアルバイトの事を指します。住み込みで働く場合が多く、近年特に人気を集める職種はホテル業や民宿業です。また、働く期間は1週間から1ヶ月程度を選択する人が多く、主に高校生や大学生が、夏休みや冬休みを利用して働く傾向が見られます。 実際にリゾートバイトを経験した人からは、とても充実した時間が過ごせたり、大切な友人や恋人が出来たという声が多いです。たとえ短い期間であっても、仲間と過ごす濃密な時間は、大切な思い出となるようです。 このような経験者の声は、リゾートバイトを紹介するウェブサイトなどに公開されています。こういった取り組みを行う事で、応募する人には仕事がイメージしやすく、募集をかける事業者は応募が増えるメリットがあります。

豊富な職種が存在し、事業者と応募者の双方にメリットがあります。

リゾートバイトの職場は、海辺や山間部の観光施設である場合が多いです。様々な職種がありますが、スタッフを募集する事業者には、観光地やそれ以外の地域でも業務内容が同じ職種と、観光地ならではの業務内容の職種の2つに分ける事が出来ます。 まず、観光地やそれ以外の地域でも業務内容が同じ職種としては、ホテルや民宿、飲食店などがあげられます。これらは未経験者であっても比較的働きやすく、求人や応募が多い職種です。 次に観光地ならではの職種は、ダイビングショップの手伝いや、スキー場のインストラクターや巡回員などです。こういった職種は趣味を仕事にしたい人に人気が高いです。求人は比較的少ないと言えますが、業務に関係のあるレジャーなどの経験者が応募した場合は採用率が高く、早めに応募しないとすぐに定員が埋まってしまいます。 求人を行う事業者は、夏休みや冬休みなどのハイシーズンにおける、スタッフの一時的な増員を目的としています。これは、応募者の働きたい時期と重なるので、お互いにとってメリットがあるアルバイトだと言えます。

Copyright © 2015 様々な求人に関しての資格や情報~やりがいのある仕事~ All Rights Reserved. http://f-tpl.com